greenlight そろそろblog です

glblog.exblog.jp ブログトップ

三越展、終了しました

e0150087_23393025.jpg

「工房からの風」から-50人の手仕事展
終了いたしました。

毎年、秋に開催される、工房からの風
今回プレイベントのような形で開催された、日本橋三越での2週間。
とても素敵な会となり、今も余韻に浸っております。
企画してくださった、日本橋三越の皆様そして、ヒナタノオトの皆様を始め、出展作家の皆さん、そしてイベントを楽しみに来場してくださった皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

工房からの風の雰囲気、空気感を、来場者の皆様に伝えられたら、
と思い、望みました。
会場は本当に穏やかで、作家とお客様との笑顔が、あちらこちらに。
ここは、鎮守の杜、おりひめ神社?ハーブの庭、、はたまたショッピングモールへと続く、階段??
これはまさに、いつもの風の風景!!
そんなふうに錯覚するくらいの空気感に包まれた時間でした。

今回の三越さんでのイベント、素敵なレポートをいただきました。
とても嬉しいです、ありがとうございました。

FRANJA 橋本伊津美のトレンド小ネタ



作る時は、独り、黙々と作ります。
夢中で手を動かしている中では、
目指す形、そして、どんなふうに使われるのかを、頭の中でイメージを膨らます、
「それは超高速」
いろんな思いが交差する途中では、やはり細かく迷いがあり、
「その度、静寂」
そして、真っ暗な闇の中で、何かを模索しながら、一歩一歩、先へ向かっていく・・・

そんなふうに、僕の工房では日々が流れています。
作る人はみんなそうなんだなぁ、、
何か思いに向かって、というか、向かう姿勢は一緒なんだと。
この会を通して、改めて思い、感じました。

一緒に参加させていただいた作家さんの多くは、工房からの風を通して、普段から親しくさせていただいている友人でした。ですから、
「あー楽しかった!またやりたいねー!」とそれだけで終わりそうに思われますが、
お互い刺激しあいながら、緊張して、、
今の瞬間が自分であり、これからの自分に向き合い、ベストを発表できるこの場所は
そんな馴れ合いは許されない場所。

それはまさに「工房からの風」そのものでした。


そして、いよいよ本編、10月の工房からの風へ。
今年出展されるそれぞれ作家の皆さん、今年はどんな風を運んでくれるだろう。
それぞれの工房、いろんな思いを濃縮した風は、決して爽やかではないかもしれない、
出展へと向かう事で、そぎ落とされ、必ず美しい風となって、運ばれてきます。

心地よい風が吹き抜け、今年ならではの空気感で包まれる、
二日間になればと、願っております。
[PR]
by greenlight4 | 2014-08-27 23:47 | 速報!
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30