greenlight そろそろblog です

glblog.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フィールドオブクラフト倉敷(ワークショップのお知らせ)

e0150087_2130667.png


フィールドオブクラフト倉敷
2014年5月17日(土)/18日(日)の10:00~17:00 ※雨天決行
岡山県倉敷市芸文館前広場


今年も参加させていただきます!
僕のブースでは野外展示の他に「南京鉋で作るアイスクリームスプーン」のワークショップを行います。
5名同時にできる専用の作業台(装置のような)を持ち込み、
板状の材料から、手に馴染みやすいスプーンになっていく行程を楽しんでもらえたらと思います。
作業台は、向かい合わせのスタンディング型。
参加者の皆さんはお互いの様子も見えつつ、背筋を伸ばし、顔を上げて制作でき、
コツコツと単調な(地味な)作業が多い木工ですが、立って削るスタイルに参加者の方だけではなく、
まわりから見ている方も、とても楽しめる内容だと思います。
途中、上手く削れず、四苦八苦するかもしれませんが・・・
皆様の様子を見ながら、そのつど僕がアドバイスいたします。
上手く削れた時の気持ちのいい音、感触、きれいに仕上がった後の手触りを、是非体験してほしいです。
e0150087_21291215.jpg

それから、このワークショップでやってみたい、もう一つのテーマがあります。
それは「まず、使ってもらいたい」ということで、このテーマは木の器、カトラリーを作り始めてからずっと思っている事です。
昨年は「木の食器レンタル」というかたちで取り組んでみました。
今回は、ワークショップで出来上がったスプーンを、
その場で使ってみて「もっとこうすれば・・・」とか、
「ここはすごく良くできた!」
などなどの使用感を聞く事ができたら、僕にとっても新鮮ですし、またそこから、日常に木のものを取り入れてみよう!というきっかけになるようなお話ができたらと思います。
そんなふうに、参加者の皆様や来場者の皆様と交流できたら嬉しいです。
e0150087_21285855.jpg

◯南京鉋で作るアイスクリームスプーン(おやつ付き)

◯定員・・両日各5名
※ご参加は、大人の方のみとさせていただきます。

◯午後1時頃から始めたいと思います。
 僕の出展場所は噴水近く、8番ブースです。

◯料金・・1000円
(「東日本大震災復興支援チャリティー」へ寄附させていただきます。)

◯申し込み・・・
フェイスブックのコメント欄(公式フェイスブックページ)に、または僕のメールアドレスへご連絡ください。
wa_hi_bo@ybb.ne.jp
先着順で両日定員となりましたら募集は終了とさせていただきます。
宜しくお願いいたします。
[PR]
by greenlight4 | 2014-04-18 21:43

個展のこと

少し日が経ってしまったのですが、個展のことを書きたいと思います。

「今回の個展では何がやりたいか」
そんな問いかけから、はじまりました。

木の器、特に大皿や大鉢の普段使い。
毎日の生活の中で気負う事無く使われている様子を伝えたい。
家族3人、我が家の食卓では、大きな器に盛られた料理をそれぞれ取り分けて頂く事が多く、
そんな瞬間を伝える事ができたら・・と以前から考えていました。

「それならば、菅原家の食卓再現ではどうでしょう」
そんなヒナタノオトさんからのご提案から 食のイベントへとつながりました。

「食のイベント」は会期中、昼、夜あわせて4回開かせていただく事ができました。
(ヒナタノオト茶菓部さんの大いなる恊働のもとでしたのでかなり見栄え良く!)

お友達同士で参加していただいた方、お一人で参加していただいた方も、気がつけば同じテーブルで
大皿、大鉢から料理を取り分けて、和気藹々。不思議ですね。
鍋を囲んだような、、食とコミュニケーションとは本当に深いなぁと思いました。
参加していただいた皆様からたくさんの響く時間をいただきました、ありがとうございます。
楽しかったです。
e0150087_12263761.jpg


展示では、特に大皿、大鉢に感心を持ってくださった方が多く。
驚きと喜び。。

また、若いご夫婦やカップルで色々相談しながら選んでいただいた方が多かった事も印象的でした。
共にゆっくりとした時間を楽しむ・・・

そんな時の中に、僕の器をイメージしていただけたのかなと思うと、本当に夢のようでした。

e0150087_9123873.jpg


ずいぶん前の事ですが、ホームパーティーに招かれた時、
ある方の大きな木の器に普通に料理が盛られていていました。
その料理と共にある存在感と料理が盛られている事で増す美しい迫力に衝撃をうけました。

木の器がこんなふうに何気なく、なんの気負いもなく使われている。
「いつか僕も大きな器を作ってみたいな・・」
その時の気持ちは、今でも鮮明に覚えています。

その後、とりあえず皿のようなものを作ってみて、使ってみようと家に持って帰った時、
かみさんの一言。

「これ本当に使えるの?」

今では当たり前のように使っている木の器
我が家でも最初はそんなところから始まりました。

家族で鍋を囲むように、デーブルの真ん中にいつも大きな器がある食卓。
僕の器もそんなふうに時を重ねていただけると、とても嬉しく思います。

僕が初めて木の器に出会った瞬間と同じような感動。
伝えたい事を真っすぐに伝えられる時間。

そんな事を大事にしながら次回お会いできる時まで。

本当にありがとうございました。
e0150087_12321968.jpg

[PR]
by greenlight4 | 2014-04-13 12:15

くらしものマルシェ終了しました

先週、日本橋三越屋上で開催されました、「くらしものマルシェ」
ヒナタノオトさんのセレクトとして、5日の土曜日、参加させていただきました。
立寄ってくださった皆様、ありがとうございました。
e0150087_20581685.jpg

屋上は別世界?
チェルシーガーデンの草花や、樹木に囲まれた、気持ちのいい空間です。
e0150087_2058695.jpg


最初は天気がよかったのですが、午後に雨が降り出して、一旦休止。
まもなく雨は上がり、夕方まで展示を再開しました。
テント無しの野外展でしたので、小雨が降っても大慌て。。。
しかし、三越の皆様が敏速に対応、手を貸していただき、本当に助かりました。
三日間のイベントを成功させたい!という、主催者側からの熱い思いがとても伝わり、
こちらも気持ちよく出展する事ができました。
ありがとうございました。

e0150087_2058241.jpg

今回、ヒナタノオトセレクトで展示された作品、
19日まで、ヒナタノオトさんで引き続き展示販売されております。
こちらも宜しくお願いいたします。
[PR]
by greenlight4 | 2014-04-08 21:22 | 速報!

くらしものマルシェ

e0150087_21384659.jpg


「くらしものマルシェ」
日本橋三越本店本店屋上・チェルシーガーデン内で開催、
この度、ヒナタノオトさんのセレクトで参加させていただきます。
4月4日(金)~6日(日)  10時~18時
天候により中止の場合があります。
電話 03-3274-8935(直通)

ヒナタノオトは3ブースをいただき、2ブースは日替わりで作家さんが登場します。

4日(金) TETOTE・*nako*
5日(土) 佐々木ひとみ・菅原博之
6日(日) 大野七実・nomama

そして、もう1ブースは「ヒナタノオトセレクション」
布 / いわもとあきこ・248
アクセサリー / 世良順・初雪ポッケ
絵 / 大野八生
猫人形 / 松本浩子
革 / Ohama  (順不同 敬称略)


個展では控えめだった(?)花カベなどの花器を中心に、プレートやアイスクリームスプーン
ボウルなど、食に関わるものも、あわせて出展させていただきます。

コレド室町のオープンで、とてもにぎわっていますよ!日本橋。
5日の土曜日は、わかこと二人でお待ちしております。
宜しくお願いいたします。
[PR]
by greenlight4 | 2014-04-02 21:48 | 展示

終了いたしました

ヒナタノオトさんで開催させていただいた、「木の洗練 食卓編」終了いたしました。

たくさんの皆様にご来店いただき、とても嬉しかったです。

皆様から頂いた、あたたかい言葉を胸に、これからも頑張りたいと思います。

会期の様子等、改めてご報告させていただきます。

e0150087_829151.jpg
[PR]
by greenlight4 | 2014-04-01 08:30
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31