greenlight そろそろblog です

glblog.exblog.jp ブログトップ

風のつよい日でした

みどりのクラフト終了しました。
初日はとても天気が良かったのですが、二日目は信じられないくらいの強風・・・。
朝、テントが壊れてしまった出展者の方もいて、風はやむどころか、さらに強くなっていきます。
作品を並べても展示台ごと吹っ飛んでしまうくらいの突風が時おり吹くので、
二日目の展示出展を断念する方も。
僕は場所を移動して、芝生の上に、ほぼ直置きのようなの状態ですがなんとか展示をする事ができました。
初日のような展示が思うように出来なかったので、二日目に来られた皆様には申し訳なく思っております。
木箱持って行けばよかったかなぁ。
e0150087_2232091.jpg


二年目のみどりのクラフト、今年も本当にいい会でした。
acht8さんをはじめ、実行委員の皆様に、あたたかく支えられ、そして、来場者のお客様との空気感というか、繋がりを強く感じられる会でした。
ありがとうございました!
e0150087_2213339.jpge0150087_2213646.jpg
←堀道広さんに描いていただいたチンプラ似顔絵
(笑)
漆のマンガを知ってから、熱烈なファンになっていたので、今回お会いできる事をとても楽しみにしていました。
「漆の勉強になりました!僕のバイブルです♪」
「えーっ!?」(堀さん)
僕はこんなの作っています!と作品と一緒に描いていただき、めちゃくちゃ嬉しい!(涙)






こちらはわかこさん→








みどりのクラフトFB(当日、会場の風景、ご覧いただけます。)
e0150087_0283746.jpg
ハイテンションな僕と堀さん。
[PR]
# by greenlight4 | 2016-04-28 21:11

春らしい

日に日に、暖かくなってきて、土の中の虫達もたくさん出てきました。
工房裏の水路では、カエルが求愛中。
梅も桜も一気に咲きそうです。
e0150087_22352373.jpg


新宿伊勢丹にて開催されました「ソノヒカリ テノヒカリ (素 手 光)」
終了いたしました。
僕の作ったものに、たくさんの方が足を止めてくださり、
お話させていただけた事に、とても感謝しております。
ありがとうございました。


ちょっと前の事ですが、お世話になっているイギリスのOENさん
カトラリーを制作している紹介ページを作っていただきました。↓
New Feature on Japanese Woodworker & Craftsman Hiroyuki Sugawara → Black Lacquer Teaspoon
とても励みになり、嬉しいです。

たまってしまっている注文分も、がんばって作ります!

そして次回の展示は、地元埼玉、狭山市で行われるみどりのクラフトです。
コチラでは、カトラリーの他に、大きな器やプレート、椀など展示を考えております。
是非、遊びにいらしてくださいね。
[PR]
# by greenlight4 | 2016-03-18 22:37 | 工房

ソノヒカリ テノヒカリ (素 手 光)

企画展のお知らせです。
カトラリー、椀、大降りなボウル等、出展させていただきます。
お時間ございましたら、是非!

ソノヒカリ テノヒカリ (素 手 光)
新宿伊勢丹5階センターパーク ザ・ステージ5
3/9(水)~3/15(火)
在店日 3/9(水) 10(木) 12(土) 13(日) 15(火)

e0150087_0252229.jpg

e0150087_0252585.jpg


作家紹介されております。
ヒナタノオト工芸帖
[PR]
# by greenlight4 | 2016-03-06 00:29 | 速報!

工房からの風 応募始まります。

工房からの風

今年は 2016年10月15日(土)16日(日)に開催します。

そして、いよいよ応募が始まります。
応募期間:2016年2月20日(土)~3月3日(木)

今年も何かお手伝いができればなぁ・・と。
魅力的な作家の皆さんに出会えるのを、とても楽しみにしております!

そして、今回は公募直前にトークイベントが開催されます。
↓↓↓

「オックスフォード『Art in action』から
市川『工房からの風』へ」

長野麻紀子さん (Anima uni 彫金作家)
稲垣早苗さん (工房からの風 ディレクター)

2/16(火) 14時~17時  ニッケコルトンプラザにて
定員25名様 会費無料

ディレクターである稲垣早苗さんが、工房からの風を立ち上げるきっかけとなった、
イギリス、オックスフォードの『Art in action』
いつかは行ってみたいイベントのひとつです。
イギリスへの留学経験がある、長野麻紀子さんとのトークイベント、面白い話しが聞けそうですね。

工房からの風

各地で行われているクラフトフェアとは、何かが違う、
思いを伝えたい、そして、お互い何かを共有できる場にと、
毎年、企画側と出展者が密に話し合い、参加する全員で作り出す空間。
工房からの風の二日間には、その年にしか吹かない風が織りなす空気感を、
毎年感じています。
e0150087_20571761.jpg

[PR]
# by greenlight4 | 2016-02-05 22:04 | 速報!

2016

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

昨年はとても展示に恵まれました。
自分の中でも一歩先に進む事ができ、また、これからの事を考えられる原動力になることができました。

ありがとうございました。

e0150087_1935359.jpg


そしてもうひとつ。
ご注文いただいき、お待たせしてしまっている方には、当初予定をしていました納期が全く守れず、
大変ご迷惑をおかけしております。
申し訳ございません。
スプーン、フォークなどのカトラリー、
多くに方に興味を持っていただき、そして日々、食事の場面でたくさん使っていただき、とても嬉しく思っております。
一人での制作となりますので、時間かかってしまう、という事も了承していただいているにもかかわらず、
思うように納められない現実に、自分でもいら立ちを感じております。

2年前に痛めた腱鞘炎。
電話帳をクレーンのように持つ事が出来ないくらいの、激しい痛み襲われる事は無いですが、
ちょっとヤバいかも。。という瞬間はたまにあります。
腱鞘炎とはこれからもうまく付き合って行くしか無いので、
あまり無理が出来ません。
利き手に大きく不可がかかり過ぎてしまうので、利き手以外も動かし、バランスをとり、
体調管理を心がけながら、今年もがんばって行きたいと思います。
よろしくお願いいたします。


2016年出展予定

ソノヒカリ テノヒカリ (素 手 光)
新宿伊勢丹5階センターパーク ザ・ステージ5(東京新宿区)
3/9(水)〜3/15(火)

みどりのクラフト
狭山市稲荷山公園内(埼玉県狭山市)
4/16(土)17(日)  

フィールドオブクラフト倉敷 
芸文館広場(岡山県倉敷市)
5/21(土) 22(日)

個展
fu do ki (東京板橋区)
6/25(土)~7/2(土)

二人展
savi no niwa(滋賀県野洲市)
11月

個展
ヒナタノオト(東京日本橋)
12月
   
[PR]
# by greenlight4 | 2016-01-06 19:22 | 工房

輪花ともうひとつ

大阪で、グループ展に参加させていただきます。
e0150087_7113234.jpg

シロイロ
corbusier

※終了いたしました。ありがとうございました。

花の形をしたうつわ中心の展示
もうひとつは輪花のうつわをもうひとつだったり

輪花とは違ううつわだったり
木や竹の道具をもうひとつだったり

輪花ともうひとつ
お気に入りを見つけにいらしてください


出店作家
石川裕信 / 加藤祥孝 / 清岡幸道 / 下本一歩 / 菅原博之 / 高木剛 / 額賀円也
[PR]
# by greenlight4 | 2015-12-08 07:17 | 展示 

-WOODEN TOOLS FOR DAILY LIFE-  

個展をさせていただきます。
宜しくお願いいたします。


-WOODEN TOOLS FOR DAILY LIFE-  
2015 年11月21日(土) から 11月29日 (日) まで
acht8(埼玉県入間市)
11 : 00 - 19 : 00
期間中無休
在店日: 21.22.23.29日 

※終了いたしました。
たくさんご来場いただき、ありがとうございました。


e0150087_21313270.jpg

e0150087_21313976.jpg

[PR]
# by greenlight4 | 2015-11-04 21:37

風のあと

e0150087_219668.jpg

少し時間が経ってしまいましたが、
工房からの風、終わりました。
今年もたくさんご来場いただき、ありがとうございました。
出展者のみなさんの「キラ・キラ・キラ・・・」
笑顔がたくさん溢れていました。
「いい場所、いい時間だなぁ・・・」
風は、あっという間に過ぎ去ってしまいましたが、
風が去った後も、いつも何となく吹いている、そんなふうに僕は毎年感じています。


「また、がんばろう!」

当たり前の事ですが、日常にもどり、そんなこと、改めて感じ、
目の前にあるものを進めて行きたいと思っております。

e0150087_219539.jpg
HIDE&HIRO  男の仕事場 
e0150087_23512593.jpg
わかこのワークショップ  のお手伝い?
e0150087_23531916.jpg

e0150087_2191090.jpg

工房からの風、
うっかり現地に運んじゃったドラム缶ストーブも、無事、定位置に収まりました。
秋の空気を感じながら、りんご焼いちゃいました。

工房からの風、また来年会いましょう!
[PR]
# by greenlight4 | 2015-10-26 21:09 | 展示 

工房からの風2015

e0150087_2095096.jpg


工房からの風
2015 / 10/17(土)18(日)
ニッケコルトンプラザ屋外会場

※ 
風人としてわかこと二人、参加させていただきます。
博之はデモンストレーション、わかこはワークショップを予定しております。
私個人ブースでの出展はありませんが、風セレクトのコーナーにて、
少し作品を展示販売させていただきます。
宜しくお願いたします。
[PR]
# by greenlight4 | 2015-10-11 20:11 | 速報!

外ごはんが楽しいうつわ展

e0150087_2173879.jpg


外ごはんが楽しいうつわ展
小澤基晴・黒川登紀子・菅原博之
10/8~17(会期中10/13のみお休み)

香川県高松市春日町682-3
暮らすうつわ とうもん
087-843-0474

Webショップなど、いつもお世話になっております!香川の暮らすうつわ とうもんさん
この度、三人展に参加させていただきます。
小澤さんと黒川さん、どちらもとても大好きな作家さんですので、今回の企画展に参加させていただき、とても嬉しく、楽しみです。

どうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]
# by greenlight4 | 2015-09-25 21:18 | 速報!

夏も終わり

一気に涼しくなりました。
秋の虫が鳴いています。


ご報告が遅くなってしまいまいたが、日本橋三越で行われました
工房からの風から 50人のクリエーション終了いたしました。
たくさんご来場いただき、ありがとうございました。

毎年10月に千葉県市川市で行われる工房からの風をもっと多くの人に知ってもらいたい!という強い思いから
企画者、過去出展経験作家、今年出展予定作家による、昨年から始まったプレイベント。
今年もたくさんの出会いがあり、出展させていただけたことに感謝しております。
ありがとうございました。

後期会期中の週末は、『木工作家夫人にきく工房からの風』
木工作家夫人として、藤崎均さんの夫人である東川裕子さんと、菅原わかこ、
そして、稲垣早苗さん(工房からの風ディレクター)によるトークショーが行われたり、
その後、藤崎さん&僕とで歌を歌っちゃったりと(笑)
今年の風プレとして、10月の本展に向かって風の勢いとなっていればいいなと思っております。

そして、
昨日は、工房からの風、夏のミーティングに行ってきました。
今年「風人(かぜびと)」として、わかこと二人、参加させていただきます。
本展まで後一ヶ月半。
自分達が初めて参加させていただいた時、どんな思いだったか、いつも考えるこの時期。
制作が思うように進んでいない人、展示に不安がある人、作品構成に迷いがある人・・・
みんなそれぞれ気持ちは揺れながら手を動かしているかと思います。
これからの1が月半、是非、たくさん悩みながら有意義な時間を過ごしてください。
その瞬間がベストとなるように、、当日は伸びやかな作品と共に、
笑顔の二日間を過ごしてもらいたいなあと思っております。
出展される皆さんを心から応援します!

風になりたい・・・
e0150087_227522.jpg
[PR]
# by greenlight4 | 2015-08-28 18:54 | 工房

工房からの風から 50人のクリエーション

e0150087_093085.jpg

工房からの風から 50人のクリエーション

『工房からの風』から-50人のクリエーション」
昨年に続き、今夏も日本橋三越本店にやってきます。
前期  8/12(水)-17日(月) 日本橋三越本店 5階スペース5

後期  8/19(水)-24日(月) 日本橋三越本店 5階リビングステージ+スペース5
※菅原博之は後期に出展予定です。


宜しくお願いたします。
[PR]
# by greenlight4 | 2015-08-02 00:10 | 速報!

つくりたいもの

e0150087_8205272.jpg


ヒナタノオトさんでの個展
Table in summer
終了いたしました。
たくさんの方々にご来場いただきまして、本当にありがとうございました。

家族で日々使っている器。
使い続けながら、次はどんな器を作りたいかなぁ・・・と僕。
頭の中でイメージしながら、毎日食卓を囲みます。

作るとき、
大きな木の塊を挽き割り、削り、そぎ落とし、
この引き算は、いったいどこまで続くの?
一瞬頭をよぎる、テーブルから浮き上がってくる、最後の佇まい、、を信じて、
ひたすら作ります。

今回、個展に向けてシャッターを閉めた工房の中、駆けずり回りました。
「これを作るのに1~2日か・・・」
「でもいつか僕の手の届かない所で、何十年、もしかして何百年誰かに見られ、触れられ、使われるもの?!」
「・・・で、、本当にこれでいいの?」
そんな不安や迷いは、作り続けようとしている手をいちいち止めます。
限られている時間でしたが、そのつど、焦らず、手を止め向き合ってきました。

やっぱり、あの時のあの時間が、本当に大事だったんだなぁ。

個展が終わり、一夜明け、空を見上げて、梅雨明けまだかなぁ。

僕の中での空は明るく、鍵のかかっていない夏の扉を開けたり締めたり自由自在です。

まだまだ作りたいものがたくさんあるって、本当に幸せです。
[PR]
# by greenlight4 | 2015-07-13 08:21 | 展示 

菅原博之  木の器展  - Table in summer -

e0150087_23234273.jpg



2015/7/3 (金) ~ 12 (日) 12:00~19:00 土日 18:00まで最終日16:00まで
ヒナタノオト
〒103-0024
東京都中央区日本橋小舟町7-13 セントラルビル1階
tel 03-5649-8048
素麺をたっぷり泳がせる
カルパッチョを涼やかに盛る…
夏の食卓を新鮮に彩るフォルムの美しい木の器

○夏の食卓
7/5(日)13時~ 
木の器を使ったランチをご用意します。
詳しくはブログヒナタノオト工芸帖を(要予約)
※定員に達しました、ありがとうございました。

(DMより)


○在廊日
7/3(金)・4(土)・5(日)・11(土)・12(日)

宜しくお願いいたします。
[PR]
# by greenlight4 | 2015-06-22 23:26 | 展示 

フィールドオブクラフト倉敷10周年

フィールドオブクラフト倉敷終了いたしました。
たくさんの出会い、再会・・
たくさん振り返りながら、夜の高速をぶっ飛ばし(わかこです)
埼玉に帰ってきました。
搬出、荷物を積み込み、会場から車を出す最後の最後まで、
気配りしてくださった、実行委員、スタッフの皆様にはとても感謝しております。
ありがとうございました。
そしてミニワークショップで参加していただいた皆様、
暑い中、お疲れさまでした。
ご自身で一生懸命作った道具、是非毎日使ってくださいね!
e0150087_22593075.jpg

[PR]
# by greenlight4 | 2015-05-18 23:00 | 展示 

フィールドオブクラフト倉敷2015

今週末は、フィールドオブクラフト倉敷に出展いたします。
10回目となる記念の年、参加させていただけること、とても嬉しく思っております。
宜しくお願いいたします。

e0150087_2133567.png



「南京鉋で作る料理用のヘラ」
↑当日会場ではミニワークショップもやりますよ!
受付は当日朝10時より先着順です。
こちらも合わせて、宜しくお願いいたします。
e0150087_22294330.jpg

[PR]
# by greenlight4 | 2015-05-12 21:04 | 展示 

linne hut

企画展に参加させていただきます。

e0150087_541309.jpg

linne hut

なぜ山に登り厳しい環境を
求めるのだろう

もしかしたらそれは
原始の生活に触れたいという
衝動からなのかもしれない

人は遠い昔においてきた
大切な何かを取り戻そうと
自然の欠片を探し続けている


linne 〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室1474
5/2〜5/10
期間中無休


陶器
市川 孝  清岡 幸道  郡司 庸久 慶子  小高 千繪   田鶴濱 守人  中園 晋作  西村 昌晃  八田 亨

木工
安彦 年郎  柏木 圭  菅原 博之  studio fujino  高橋 欣之  中矢嘉貴  fuqugi  藤本 健


落合 芝地

ガラス
津田清和  花岡 央  fresco

金属
金子 恭史  accessories MAU  yasuhide ono  YUKO SATO


dove&olive


yohnKa

アート
梅原 龍   須田真由美  山田 一成

写真
須田 美恵子

植物
kitokusa

自然物
atelier line

書籍
栞日 sioribi mountain bookcase

food  
Mio cafe 5月2日  kuboパン×白日 5月3日  miyazono spoon ワークショップ 5月8日  
デルベアバームクーヘン×Mio 5月9日 バームクーヘン販売(要予約)
デルベアバームクーヘン×ハシバミ 5月10日


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回のテーマを意識しつつ、いくつか作ってみました。

自然に反ったり、ねじれたり、割れたり、
木は、切り倒されて木片になってからも、日々変化をし続けます。
そんな自然の欠片に、少しだけ手を加えて、大きな器やプレートなどにしてみました。


e0150087_5481287.jpg

e0150087_548946.jpg


終了いたしました。ありがとうございました。
[PR]
# by greenlight4 | 2015-05-01 05:54 | 速報!

ウォールナット拭き漆の器  修理③

e0150087_20564764.jpg

修理が続きます。
ウォールナットに拭き漆で仕上げた小ぶりのボウルです。
欠けた部分、残念ながら見つからなかったとのことで、
何かで埋めないといけません。

e0150087_20565060.jpg

木目の木地が透けてみえる漆の仕上げ(拭き漆)なので、漆のパテ(刻苧)で埋めると修理した部分が目立ってしまいます。
金継ぎのようにポイントアクセントにする方法や、欠けた部分がなくなるまで旋盤で挽き直し、全体に削りとってしまう方法などありますが、どちらも器の印象がだいぶ変わってしまいます。

今回、同じウォールナット材を使って、埋木でやってみることにしました。

e0150087_2057154.jpg

木目の大きさや、方向など、欠けた部分とより近い部分の材を探し、
欠けた所にピッタリはまるように加工して、接着します。

e0150087_205747.jpg


e0150087_2057886.jpg

見た目、手触りも自然になるように削り、仕上げていきます。

e0150087_2057113.jpg

旋盤で仕上げた挽き目のスジも自然な感じに。

e0150087_20571460.jpg

漆で仕上げ

e0150087_20571651.jpg

パッと見、わからないくらい上手く直す事ができました!
ご依頼いただきありがとうございました。
[PR]
# by greenlight4 | 2015-04-20 21:19 | 工房

白漆のお椀 修理②

白漆の椀、ふちが欠けてしまい、
欠片は見つからなかったようです。
e0150087_9473530.jpg

このような場合でも、漆で修理する事は可能です。
e0150087_9491746.jpg

e0150087_949204.jpg

漆に木粉と麻綿を混ぜて作ったパテのような刻苧(コクソ)で、欠けた部分の形を作り、仕上げていきます。

e0150087_9493085.jpg


自然な形になったら、白漆を補修部分に塗ります。(茶色部分)

白漆は漆が乾いても、最初濃い茶色です。
木の樹液でもある漆もともとは茶色なので、顔料となる白い成分が漆本来の茶色に負けてしまいます。
月日が経ち、徐々に漆の成分が透けてきますので、顔料が残り、最終的に白っぽくなっていきます。
補修した部分はまだ茶色ですが、だんだん白っぽく馴染んでまいります。

ご依頼ありがとうございました。
[PR]
# by greenlight4 | 2015-04-19 09:59 | 工房

日々のヒカリ、一粒のヒカリ

e0150087_22561666.jpg



日々のヒカリ、一粒のヒカリ
2015/4/17 (金) ~ 5/10 (日) 12:00~19:00
(土日祝 18:00まで)
木曜休み・最終日16:00まで
ヒナタノオト
〒103-0024
東京都中央区日本橋小舟町7-13 セントラルビル1階
tel 03-5649-8048

[ 木工 ] アトリエ倭 ・ 菅原博之 [ 陶芸 ] 松塚裕子
[ 再生紙 ] 森 友見子 [ ほうき ] 吉田慎司

日々の中で愛されるその作家ならではの定番の品。
技術や素材、デザインの完成度など、
その作家ならではのアプローチで、
珠玉の逸品を目指して作られたもの。
足元を見つめ、瞳を上げて制作に向かった5組の作家の仕事をぜひご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


日々のヒカリ・・・
作り続けている器。
特に大きい木の器は、自分たちにとってかかせないものとなりました。
木の塊、表情と向き合い、その都度バランスをとりながらの成形、
そして、漆などで仕上げをする。
ひとつひとつ違うのだけれども、器に向かう思いは同じ。
家族の真ん中・・
テーブルの真ん中にいつもあるような。

e0150087_5484373.jpg


そして、一粒のヒカリは・・・
企画展のお話をいただいてから、少し考えました。
思い切って、今まであえて作らなかったような器にしてみよう。
木を組んで作る指物で、重箱のような器のようなもの。
作り方はあくまでシンプルですが、
広がりのある四角い器になりました。
重箱のようにも、ひとえの器としても、盛りつけのイメージが広がる。
そんなふうに、感じていただけると嬉しいです。

e0150087_5485432.jpg

e0150087_5485969.jpg

e0150087_5484841.jpg

e0150087_5485114.jpg


18(土)在廊させていただきます。
宜しくお願いいたします。

終了いたしました。ありがとうございました。
[PR]
# by greenlight4 | 2015-04-16 23:13
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31